アイメイクテク編

ミョウガいつの時代も女性は美を追い続けるものです。
ビジネスやプライベートにおいて、メイクは欠かせない存在となっています。
ポイントメイクの中でも、ひときわ印象に残りやすいのがアイメイクです。
メイクの仕方次第で、可愛らしい目、綺麗な目、知的な目など様々な表情を出すことができます。
まず、使用するアイライナーの種類にも選ぶポイントがあります。
アイライナーにはペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプなどがあり、なりたい印象によって使うものを変えるといいでしょう。


例えば、柔らかくふわっとした目のイメージにはペンシルタイプを、はっきりとした目になりたければリキッドタイプを、スモーキーでミステリアスな目にしたければジェルタイプを、という具合です。
また、アイラインの引き方でも、大きく印象を変えることができます。
例えば今流行りの「猫のようなきりっとした可愛らしい目」は、目尻のを強調することで表現できます。
目尻に引くアイラインを少しはね上げて描くことで、アーモンド型のくりっとした印象になります。
そこにプラスして、ハイライト効果のあるパールの入ったシャドウを下まぶたに乗せれば、涙袋がふっくらし、女の子らしいウルウルした目元の誕生です。
メイクの仕方ひとつでなりたい印象の自分になれるので、その日の気分によってアイメイクを変えてみるのも楽しいでしょう。

コメントは受け付けていません。